新着情報
新着情報
  1. ホーム
  2. 新着情報

新着情報

Ⓕ桜咲く季節!

昔から縁起が良いとされる鯛は、春が旬の魚で特にこの季節、桜が咲く頃、浅瀬にやってくる真鯛(天然物)は結婚式などの祝賀や神事などに珍重されることが多く値段も高めです。
この時期の真鯛は、桜の花びらの様な白い斑点が点在し、鮮やかで美しい体色を持つことから桜鯛とも呼ばれます。
刺身、塩焼きなどで食べ、頭はかぶと煮にすればまた美味しい!
旬の魚を食べましょう。

2020.03.23

Ⓨ いつもの食事を楽しくする工夫

少しずつ暖かい日が増えてきた今日この頃ですが、
相変わらずの引きこもり生活で、家での食事回数が増えています。
いつもご馳走を作るわけにもいかないので(涙)
普段の食事を楽しくする工夫をしました。

各自ワンプレートにし、必ず全種類のおかずを取るというものです。
やってみると、良いことがたくさんありました。

まず、自分の食べれる量を知る練習になる。
子どもが嫌いなものも頑張って食べる。(笑)
何より、洗い物が減るということです。

いいことだらけで、もっと早くするべき工夫でした。

2020.03.19

Ⓜししゃも

皆さんが普段食べているししゃもは9割がアイスランドとノルウェーのものです。
アイスランドは禁漁2年目が決定しました。ノルウェーも今年は禁漁です。
現在は国内にも在庫がまだあります。
夏くらいから影響がでるかもしれません。

2020.03.18

Ⓜ今年のお花見

もうすぐ桜の季節ですね。
兵庫県は3月の終わり頃がお花見に良いと思います。
私は毎年自転車で家族友人と桜並木を走ります。30kmくらい。
山桜もいいですし、ランニングで花見もいいかも。
この機会に健康的な花見はいかがでしょうか?うまいかと一緒に!

2020.03.17

Ⓢ揚げるだけシリーズが人気です

自宅での食事の回数が増えたからでしょうか・・・
冷凍のまま油で揚げるだけのおかずシリーズに
さらに人気が出て来たように思います。
国産の大ぶりの真アジや、ひとつでもボリューム満点のコロッケなど、
どれもおかずの一品になる食材です。
すでに衣がついていますので、凍ったまま油で揚げるだけ。
簡単で、食卓が豪華になるとうれしいですよね。




2020.03.16

Ⓕ2020年 桜 開花発表!

今年は暖冬の影響で桜の開花も例年よりも早めで、日本気象協会が3月13日に発表によると、
西・東日本の広範囲で例年より早めで、東京3月16日に開花を皮切りに、横浜、19日には名古屋、岐阜、20日には福岡、高知。広島、兵庫県は23日頃と開花宣言がありました。
しかしながら、今年はコロナウイルスの影響で花見がどうなるか?・・・
早く、人が集まれるようになってほしいものですね。

2020.03.16

Ⓚ家飲み

最近はコロナウイルスなどの影響で、
色々なイベントが中止になっていますね。
もうすぐお花見のシーズンですが、
開催できないというところも多いと思います。
そこで、出かけずに家でお酒などを楽しむ
家飲みが増加しているようです。
私もたまにはそういう楽しみ方もいいかなと思うので、
今年の春は、家で飲もうかなと考えています。
おつまみはうまいかで決まり!!

2020.03.17

Ⓨ お家で楽しく過ごす工夫

学校が休校になってから、2週間目・・・
相変わらず制限される日々に、だんだんと親子共々ストレスが
溜まっていくのを感じます。
そこで、お家で楽しく過ごし、運動不足も解消できる方法を考えました。

ゲーム好きなことを逆手にとり、ゲーム機で出来るカラオケをダウンロード。
そして、もともと家にあったエクササイズ用のトランポリンを出しました。

二人で交互に曲を入れて、自分が歌っていない時はトランポリンを跳ぶ!
自分の順番になったら、全力で歌う!
それを繰り返すという遊びです。

子どもは元気なので、面白がって遊びますが、
大人の私にとっては、過酷なエクササイズでした(笑)

2020.03.12

Ⓢ焼き海苔の保存法

おにぎりやご飯のおともに使うご家庭もあるかと思います。
余った焼き海苔の保存を簡単にする一例をご紹介します。
使うものは100円ショップに売ってある
海苔の長さに合うプラスチックのケース。
海苔の袋を開封し、乾燥剤を取り出します。乾燥剤をケースにセット。
海苔を2分割してケースに入れます。
しっかりフタをします。保存場所は冷蔵庫。
密封して冷蔵庫に入れることで湿気防止になります。
またドアポケットに立てて入れることも出来るので、
収納場所も楽々です。
焼き海苔派のみなさん、お試しを!!

2020.03.10

Ⓕ春を告げる魚!

春を告げる魚と言えば、いかなごですが、今年は不漁で終わりました。
瀬戸内にはもう一つ、春の訪れを告げる魚として親しまれている魚があります。
鰆(魚偏に春)で、春になると産卵の為にたくさんやってきます。鰆は1メートルを越えるサバ科の一種で、ほっそりとした体形から狭腹(さわら)ともいわれます。
成長とともに名前が変わる出世魚で、サゴシ→ナギ→サワラと名前がかわります。
他にも出世魚はたくさんいるので探してみるのも面白いですよ。

2020.03.09

Ⓜ今年のいかなご その3

今年のいかなごは3月6日で終漁になりました。
過去最短ですね。
ただ、香川県はまだ漁が少しですが続いています。
そしてこれからは、千葉、福島、宮城県産のいかなご漁が始まります。
来年は獲れることを願います。

2020.03.06

Ⓨ雛祭りパーティー

新型コロナウイルスの影響で、学校が休校になり、
何かと制限されることが多い子どもたちに、
少しでも喜んでもらおうと、夕食をリクエスト通りのメニューにしました。
手巻き寿司といちごパフェで、雛祭りを楽しみました。
いつまで続くかわかりませんが、家で楽しく過ごせる工夫をしつつ
長い休みを乗り切りたいと思います。

2020.03.05

Ⓢ冬こそ手に紫外線対策を

冬はハンドクリームはこまめに塗っても、夏と比べて日差しが穏やかなので、
日焼け止めを塗らなくても大丈夫と思ってしまいます。
しかし、冬でも紫外線は降り注いでいます。手の紫外線対策は油断しがちです。
せっかくハンドクリームでしっかりと保湿をしていても、
知らない間に肌へのダメージが蓄積されていると思うと怖いです。
対策として、日中はUVカット効果のあるハンドクリームを使うこと。
手はいつも見えるので、気にしておきたいです。
私の手はガサガサなので、しっかり保湿と紫外線対策を心掛けたいと思います。

2020.03.03

Ⓕ春が旬 あさり

漢字で書くと浅蜊
どうして貝偏じゃなく虫偏を使っているのか?
漢字がつくられた古代中国では現在と異なる分類の仕方で分けていたため、
虫という字は「頭が膨れたヘビ」の形を表したものになり、つまり二枚貝の殻の方ではなく、
長い足が出る中身の方を表したため虫偏が使われるようになったそうです。

浅蜊は海中の微生物を食べて、海水をきれいにしてくれています。

2020.03.02

Ⓜ今年のいかなご その2

いかなご漁西播磨は3月2日解禁になりました。
それ以外は2月29日解禁です。
続くかどうかはわかりませんが、すでに大きいです。
すぐに終漁の可能性もあります。

2020.02.28

Ⓨ時間との闘い

みなさん、毎日の献立を考えるのは大変ではありませんか?
しかも、限られた時間の中で夕食の準備となると、頭が痛くなりそうです。

ふと、夕食までの1時間で、何品作れるだろうか?と思い
チャレンジしてみました。

材料は、家にあるもの(笑)・・・買い物せずにスタートです。
・きんぴらごぼう・マカロニサラダ・切り干し大根のソテー
・かぼちゃの煮物・人参しりしり・サーモンのお刺身・お味噌汁

以上7品できました。
冷凍野菜を使ったり、サラダ用の茹で時間の短いマカロニを使ったり
小さな工夫をちょこちょこしてます。
次は、何品作れるか・・・みなさんもぜひ、チャレンジしてみてください。
夕食作りが少し楽しくなるかもしれませんよ。

2020.02.27

Ⓢ3月3日はひなまつり

3月3日はひなまつり。
その前後には各地で雛祭りにちなんだイベントが開催されています。
たくさんのお雛様を飾っている所や
色んな時代のお雛様を展示している所もあります。
人形の大きさ・お顔の表情・衣装や小物の移り変わりを見て楽しむことも出来ます。
比べて見られることはめったにないです。
お雛様が飾られると、部屋がパァーっと明るく華やかなると思います。

雛祭りイベントの開催は、
相生市の近くだと、たつの市や備前市。
少し足を伸ばして倉敷美観地区など、各地で開催されているようです。

ただ、コロナウイルスの影響で中止の所もあるようです。
お出掛けの際にはご確認下さい。

2020.02.25

Ⓕ雨の日の運転は・・・

まずスピードに注意することが一番のポイント、路面が濡れていて滑りやすく、濡れた路面の反射で視界が悪かったりで、いつもより注意深く周囲を気にしなければなりません。次に車間距離を十分とりましょう。又、ワイパー、タイヤなどメンテナンスを日々行っていれば問題はありません。
常日頃から安全運転を心がけましょう。雨の日は特に注意して運転してください。

2020.02.25

Ⓨいちご狩り

スーパーにも、お手頃価格でイチゴが並ぶ時期になりました。
イチゴ大好きな我が家は、毎年恒例のいちご狩りに行ってきました。
今回は農園で栽培されているもののうち、4種類が食べ放題でした。

「章姫」は、果肉が柔らかく、甘みも強かったように思います。
「かおり野」は、しっかりとした果肉で酸味が少なくとても甘かったです。
「皆たる姫」は、農園オリジナルの品種で、甘みと酸味のバランスが良く
      食べやすいので、私のお気に入りです。
「さがほのか」は、スーパーでも手軽に買うことができるため、馴染み深い
      味でした。

ビタミンⅭが豊富ないちごですが、1日に必要とされる量を補うには
7粒程度食べるといいそうです。
今回の食べ放題で、4人で120個近く食べてました(笑)

2020.02.20

Ⓢ乾燥を防ぐために

年中なのですが…
特に冬になると唇がカサカサ乾燥したり、皮がむけたりして困っていました。
テレビ等を見てご存じの方も多いかもしれませんが、リップクリームはたてジワに沿って塗るらしいのです!
横に動かすだけでは、たてジワの奥にリップクリームが届かず、シワの部分は乾燥したままの状態になってしまうとか・・・
私はゴシゴシと横にリップを塗っていました。
このことを夏頃に知り、それ以降たてに塗ることを心掛けました。
そしてこの冬。個人差はあると思いますが、
毎年のように頻繁にカサカサして困るといったことは特に感じません。
知ってよかったです。
今後も継続してこまめに丁寧に塗っていきたいと思います。

2020.02.19

▲PAGE TOP