兵庫県西播磨でお馴染み「ミナトのうまいか」を造り続ける湊水産株式会社の公式サイト トップページ
煮干いりこ看板
明治23年に「海産物問屋 湊商店」として創業した当時は「煮干いりこ」専門の問屋でした。

伊予・長崎・佐賀・福岡方面から買付・委託された「煮干いりこ」を船で運び、相生港で陸揚げして京阪神・播州を中心に西日本一帯に販売していました。

いりこ船
いりこ運搬船「富丸」
いりこ
育まれた「素材を見抜く五感」

創業者・湊常吉に始まった素材への拘りは、代々の経営者・従業員に受け継がれて参りました。

時代によってお客様が求める素材の質は変化します。変化に対応するには「素材を見抜く五感」が必要です。

素材は漁場によって特徴があります。また、その年の気象によっても変化します。自然の素材は非常に奥が深いものです。 長年に渡って育まれてきた知識と知恵があるからこそ、「良い素材をお値打ちに」を可能にしています。